So-net無料ブログ作成

墨作り [作ってみた]

ふと、思い立って「墨」を作ってみました。

材料はこれ。

zairyo_8890.jpg

葦の一種です。冬にはいい感じに乾燥して(枯れて)います。

墨作りには茎の部分を使います。
葉っぱからは「筆」を作る予定。

まず炭化させないといけません。
「炭焼き」ですね。(^_^;
適当にカットして、適当な器に入れ、加熱します。
今回は、とりあえず缶詰の空き缶を使用しました。
アルミ缶は厳禁です。溶けます・・・。

yaku1_8896.jpg

燃えないように注意して火加減を調節。
焼きムラが出来ないよう、割り箸等で適当に動かしたりいたしましょう。

yaku2_8896.jpg

黒くなってきましたが、まだ充分ではない感じなので、もう少し焼きます。
炭状になったら、冷ましてからニカワ液と混ぜます。

neru_8900.jpg

これが今回使用したニカワ液。
混ぜ用の乳鉢と一緒にネット通販で購入。
両方で送料込み1500円位。

nikawa_8905.jpg

良く混ぜ合わせて出来上がり。
こりゃ墨というより絵の具だな~。

dekiagari_8902.jpg

ここまで、30分もかかっていません。
作り方が「ざっくり」なので、出来上がりも「ざっくり」です。

で、試し書き。

tamesigaki_8907.jpg

高柳健次郎氏の故事にちなんで「イ」と書いてみました。(^^ゞ

かなりザラついてます。
もっと丁寧に、じっくり混ぜ込まないと実用レベルにはならないですね。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 2

扶侶夢

素晴らしい。感心しました。
原始的な手法で、道具として通用するものを作ることには大きな意義があるように思えます。
ところで、火にかけるのは陶器より缶の方が良いのですか?どちらでも良いのかも知れませんが…
by 扶侶夢 (2013-02-22 19:26) 

かめにゃん

いゃ~、ちょっとした思いつきでして。 (^^ゞ
缶を使ったのは適当な器が無かったので・・・
ただ、この空き缶のような口の広い容器は炭焼きには適さないです。
酸素が入りすぎて中身が燃えちゃいます。
by かめにゃん (2013-02-22 20:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。